fuji rogoplease call contact

kankyocompanyyardISOaccesskaisyuhinmokulink

packer2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

flowers

いつも富士紙業をご利用頂きまして誠にありがとうございます

市民参加型の紙のリサイクル・ステーションがオープンいたします
 弊社では、「古紙の分別・資源化」を推進するため、また、資源物を地域の計画された日に出すことができない皆様のために常設リサイクル・ステーションを開設いたします。場所は、弊社の上飯田事務所の敷地内です。以前から車の通りも多く、一般の方々の古紙の持ち込みもあります。従来、まちの環境保全のためにごみを適切に処理することは、行政の仕事と考えられてきました。しかし多様に発生するごみを市町村がすべて処理することは、実際には難しいでしょう。
 ライフスタイルが多様化した現代社会のニーズに対応するべく、皆様が都合の良い時に車でいらして古紙をお持ちになる。そこは資源を分別する暮らし方の大切さや、環境教育を感じられる場所でありたいと願います。循環型社会を実現するためには行政や事業者だけでなく、市民の方々が参加することが大事であると考えます。未来社会への環境継続性に大切な鍵になるこの場所を、温かくお見守り頂きますよう お願いいたします。
RECYCLE STATION〒245-0018 横浜市泉区上飯田4724番地

神奈川県自動車安全運転競技大会にて弊社ドライバーが運転技能部門優勝
 安全運転の啓発と交通事故防止を目的とした安全運転競技会。2015年10月24日、二俣川の県警察自動車運転免許試験場において今年も開催されました。その第44回 神奈川県自動車安全運転競技大会において、弊社所属、和田力が中型車部門(トラック)で予選会を通過し本選に出場。そして、技能部門にて第一位という栄誉にあずかりました。昨年の入賞に続き、今年も賞を頂き、感謝の念にたえません。
 弊社が目標に掲げる安全なる業務、日頃の運転の指標を再確認するための参加。安全運転の技量が試される大会に参加することで、今後も全社一丸となって、交通安全社会の秩序を維持するための熱意を失わず努力いたします。また、皆様のご協力に感謝いたしますと共に、応援に感謝いたします。

神奈川県自動車安全運転競技大会
 神奈川県安全運転管理者会連合会が会員事業所の従業員を対象に、競技を通じて安全運転の普及高揚と交通事故防止の徹底を図るため、毎年県警察運転免許試験場内において直接コースを走り、安全運転試験と車両点検の技術を競い、優勝者等を表彰する、伝統と格式のある大会です。
主催 神奈川県安全運転管理者会連合会
共催 神奈川県警察
後援 神奈川県
   関東運輸局神奈川運輸支局
   神奈川県交通安全協会
   神奈川県自動車整備振興会
   神奈川新聞社

◇神奈川県安全運転管理者会連合会◇
 県内事業所等の交通事故防止を目指して活動する一般社団法人。連合会は、地区会及び地区会員相互の情報交換や連携活動をすすめ、また安全運転管理に関する調査、研究を行い、合わせて交通安全指導、啓発活動等あらゆる活動を展開し事業所をはじめ地域の交通事故防止を通じて県内の交通安全秩序の確立に寄与する事を目的としています。
 連合会では主に、各種研修会、講習会等の実施・案内、機関紙「セーフティ・神奈川」の発刊、事故防止コンク−ルの実施、法定講習の実施、交通安全運動の実施、交通功労者・優良管理者・事業所・運転者等表彰の実施、といった安全運転の啓発と交通事故防止のために日々、事業・活動に取り組んでいる、県が誇る素晴らしい組織です。
http://www.an-kan.jp/

富士紙業の新たな仲間「ふじくん」! 未来に笑顔を届ける環境啓蒙大使が誕生しました
 富士紙業は地球上の限りある資源、とりわけ次世代の生存にかけがえのない森林資源の保全のために、古紙のリサイクルを通じて資源循環型社会に推進、ならびに環境保全に貢献します。創業50周年の信用と実績をもとに環境マネジメントシステムの継続的改善をはかり、リサイクルを通じてより効果的な環境保全を推進します。
 そして、その活動シンボル、環境啓蒙キャラクターとして、ふじくんを誕生させました。会社が設立して、約50年の月日が流れ、社会と環境を維持・発展させるため、私たちは、さらに組織としての質も体系も整えていきます。また、古紙輸出国としてのプライドを、この国から神奈川の横浜という地から、皆様と一緒に発信していく意志の現れ。純度の高い古紙原料を提供することにより、森林伐採にブレーキがかかり、地球の生態系が少しでも良くなっていく。ふじくんの笑顔は、地球とその未来の幸せを願う気持ちなのです。
 古紙から再生紙をつくる際のエネルギーは、バージンパルプから紙を生産するよりも確実に少ないそうです。製紙原料問屋の業務は多岐にわたるため、全体のシステムを効率的に行うという使命がともないます。そんな中、目の前の製紙原料を、商品としてより大切に扱っていくことが社会の未来につながっていくでしょう。アジア開発銀行は50年にアジアGDPが世界の52%に達すると予測しています。多国間での競争の激しさが増すなか、日本がアジアを中心としたグローバリズムの中心に躍り出るには官民あげて、切磋琢磨に商品とサービスを提供していくことも必要になるでしょう。今後は、商品の国際的な競争力を高めるためにも水分対策と同時に品質対策も充分に検討を重ね、実施していきます。

横浜環境行動賞「ヨコハマ3R夢」表彰式 一般廃棄物収集運搬業優良事業者認定 4年連続受賞
 2014年11月16日、関内ホールにて平成26年度横浜環境行動賞「ヨコハマ3R夢」推進者表彰式が盛大に開催されました。それは環境行政の一層の発展と地域社会への定着を図ることを目的とし、様々な環境行動により「ヨコハマ3R夢」の推進に功労のあった個人又は団体等を表彰する式典です。横浜市では、一般廃棄物収集運搬業の許可を受け、適切に業務を遂行するとともに、3R活動とりわけ、廃棄物の適正処理やリサイクルの推進に貢献し、他の事業者の模範となる事業者を「一般廃棄物収集運搬業優良事業者」として認定しています。優良事業者の認定基準は、法令の遵守、本市許可基準の遵守及び事業の継続性、ヨコハマ3R夢プランへの協力及び適正処理の推進等が認定用件となります。当日は、未来を担う小中学生の創意工夫や熱意が描かれた、小中学生によるポスターコンクール入賞作品を展示。また、記念講演会として、落語家・林家時蔵師匠による、“環境落語”などが催されました。
 「ヨコハマ3R夢プラン」においては、これまでの分別・リサイクルのみならず、環境に最もやさしいリデュース(発生抑制)の取り組みを進めて、ごみと資源の総量を削減するとともに、脱温暖化を推進し、環境負荷の更なる低減を図ることで、豊かな環境を後世に引き継ぐことを目指しています。
 横浜市ならびに横浜資源循環局様のご指導のもと、事業者として、より環境に優しい取り組みを進めること。そして、市民・行政・事業者という三者の「つながり」を更に強め、将来にわたり豊かな環境を備えた横浜の未来をつくるという、市と市民への活動協力を全社一丸となって取り組んで行く所存に在ります。
 横浜資源循環局 http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/

神奈川県自動車安全運転競技大会にて弊社ドライバーが3位入賞
 2014年10月25日、二俣川の県警察自動車運転免許試験場において開催された、第43回 神奈川県自動車安全運転競技大会において、弊社所属、和田力が中型車部門(トラック)で予選会を通過し、本選21人中、3位に選出されました。技能点ではトップ成績という結果です。
 安全運転競技大会とは、神奈川県安全運転管理者会連合会が会員事業所の従業員を対象に、競技を通じて安全運転の普及高揚と交通事故防止の徹底を図るため、毎年県警察運転免許試験場内において直接コースを走り、安全運転試験と車両点検の技術を競い、優勝者等を表彰する、栄誉ある大会です。
 弊社が目標に掲げる安全なる業務、日頃の運転の指標を再確認するための参加。安全運転の技量が試される大会に参加することで、今後も全社一丸となって、交通安全社会の秩序を維持するための熱意を失わず努力いたします。また、皆様のご協力に感謝いたしますと共に、応援に感謝いたします。

日本が世界に誇る最先端技術の集積、新型プレス機械を導入
 2014年2月8日、50周年記念事業の一貫として、古紙ベーリングマシン2号機の入れ替えを行いました。当日は大雪の日、降りしきる雪の中での工事は、まるで映画のワンシーンのようでした。導入の機械は、鰹コ和製の新型機、省エネタイプです。以前の2号機は導入してから8年目でしたが、当社の使用頻度が多いため、主押しという主要部分が使用不可能になりました。新型での160馬力という高馬力は、鰹コ和でも日本初の納入。古紙を圧縮するストロークが早く、160馬力でも前型の200馬力以上に相当します。また、騒音対策として、4台のモーターを防音ケースで囲いました。当社の周囲への環境面にたいしての考え方をメーカー側に伝えての工夫の表れ。それが独自の仕様につながりました。
 当社では、昨年の創業50周年を挟み、本社ヤードの新テント倉庫、社章、ベーラー導入と、記念事業を行ってきました。刻一刻と変化していく世界経済、会社を取り巻く環境からも目が離せません。そんな中、今回のベーラー入れ替えは、半年もの間、検討を重ねました。しかし、倉庫やベーラーなどの設備投資は、古紙の販売先である、製紙メーカーへの信頼、そして、何よりもリサイクル製品を作る上で良質な原料を社会に提供していくという役割からのものです。

横浜市一般廃棄物収集運搬業優良事業者 認定受賞
 2013年12月1日、環境行政の一層の発展と地域社会への定着を図ることを目的とし、様々な環境行動により「ヨコハマ3R夢」の推進に功労のあった個人又は団体等を表彰する、横浜環境行動賞「ヨコハマ3R夢」推進者表彰式が開催されました。当社は、本年度も一般廃棄物収集運搬業優良事業者(一般廃棄物収集運搬業の許可を受け、適切に業務を遂行するとともに3R 活動とりわけ、事業系廃棄物の適正処理や分別排出に貢献している事業者を 一般廃棄物収集運搬業優良事業者として認定)を受賞させて頂きました。今回で光栄なる3度目の受賞となりました。

ヨコハマ3R夢プラン
一般廃棄物処理基本計画(横浜G30プラン)が今年度で終了することから、G30につづく新たな計画「ヨコハマ3R夢プラン」を策定。市民・事業者との「つながり」を深め、G30の次のステージへ挑戦し。新プランでは、3Rの推進、とりわけ環境にやさしいリデュース(発生抑制)の取組を進めて、ごみと資源の総排出量を削減。環境負荷の更なる低減を図ることで、豊かな環境を後世に引き継ぎ、こどもたちが将来に「夢」を持つことのできる社会の実現に取り組みます。

第41回神奈川県競技大会 弊社ドライバーが今年も本選進出
 2012年10月27日、神奈川県自動車安全運転競技大会が県警自動車運転免許試験場で開催されました。県安全運転管理者連合会が主催するこの大会は、安全運転の啓発及び交通事故防止の促進を目的に、建設会社や運送会社などの安全運転管理者選任事業所に勤務するドライバーたちが参加しています。事業所の従業員数や自動車保有数により、中型貨物自動車、普通自動車A、同Bの3グループに分けて実施。学科テスト、運転技能テスト、日常点検整備テストの合計点数で順位が争われるものです。今年は弊社ドライバー幸地勉が中型車部門(トラック)にエントリー。予選会を通過、そして本選に出場しました。

一般廃棄物収集運搬業優良事業者 認定受賞
 2012年11月18日、関内ホールにて林市長、佐藤市会議長の御出席のもと、平成24年度横浜環境行動賞「ヨコハマ3R夢」推進者表彰式が開催されました。本年度は、一般廃棄物収集運搬業の許可を受け、事業系廃棄物の適正処理等に貢献している16事業者が選ばれました。
 ヨコハマ3R夢プランは、リデュース(ごみそのものを減らす発生抑制)、リユース(繰り返し再使用)、リサイクル(分別して資源として再利用)の3Rでさらなるごみの減量と脱温暖化に取り組み、豊かな環境を後世に引き継ぐことで、子どもたちが将来に夢を持つことができるまち・横浜の実現を目指しています。
 横浜市では、一般廃棄物収集運搬業の許可を受け、適切に業務を遂行すると共に、廃棄物の適正処理やリサイクルの推進に貢献し、他の事業者の模範となる事業者を「一般廃棄物収集運搬業優良事業者」として認定しています。優良事業者の認定基準は、大きくわけると、1.法令の遵守 2.本市許可基準の遵守及び事業の継続性 3.ヨコハマ3R夢プランへの協力及び適正処理の推進等 以上の基準を満たす事業者を「一般廃棄物収集運搬業優良事業者」として認定されています。
 当日は、市へ貢献されている様々な方が出席され、「ヨコハマ3R夢」の推進に功績のあった個人、団体、事業者(ヨコハマ3R夢行動推進者・清潔できれいな街づくり推進者・環境事業推進委員永年在職者・3R活動優良事業所・一般廃棄物収集運搬業優良事業者)の方々へ、林市長から表彰・認定が行なわれました。また、3R夢ポスターコンクールで入賞した小中学生への表彰も心温まるものでした。  
 弊社では、昨年に続き今年も連続して受賞させて頂きました。これからも市の推進する3R活動へ全力をあげて取り組むとともに、市民の皆様が暮らしやすい健康に安心な街作りをサポートしていきたいと考えます。

神奈川県 交通安全功労者表彰を連続受賞
2012年11月22日 神奈川県立音楽堂にて開催された平成24年度 交通安全功労者表彰式において、弊社の管理者及び運転者が表彰を賜りました。優良安全運転管理者 鈴木宏和 優良運転者 仁科浩二郎 この2名は平成22年度にも表彰を受けており、今回で栄えある2度目の受賞となりました。
多年にわたり地域や職場で交通安全と交通事故防止につとめた個人や団体を選出し、神奈川県知事、神奈川県公安委員会、神奈川県警察本部長、公益財団法人神奈川県交通安全協会会長、社団法人神奈川県安全運転管理者連合会会長から表彰されるという、名誉あるものです。
式典では、交通事故犠牲者への黙とう、神奈川県副知事、神奈川県公安委員会委員長、神奈川県警察本部長の主催者挨拶。そして、表彰では(1) 神奈川県知事表彰(2) 神奈川県公安委員会表彰(3) 神奈川県警察本部長表彰(4) 神奈川県警察本部長・神奈川県交通安全協会会長連名表彰(5) 神奈川県交通安全協会会長表彰(6) 神奈川県警察本部長・神奈川県安全運転管理者連合会会長連名表彰 (7) 神奈川県安全運転管理者連合会会長が行われました。祝辞では、神奈川県議会副議長、神奈川県市長会会長からお言葉を頂きました。その後、休憩をはさみ、式典は県警察音楽隊の記念演奏により幕を閉じました。

横浜市の一般廃棄物収集運搬業優良事業者に認定受賞
 2011年11月13日、横浜市主催による平成23年度横浜環境行動賞「ヨコハマ3R夢」推進者表彰式(横浜関内ホール)において、名誉ある一般廃棄物収集運搬業優良事業者を受賞しました。本年度は市内より4企業の受賞がありました。一般廃棄物収集運搬業優良事業者/一般廃棄物収集運搬業の許可を受け、適切に業務を遂行するとともに、3R活動、とりわけ、事業系廃棄物の適正処理に貢献している事業者を一般廃棄物収集運搬業優良事業者として認定。[認定基準]事業の継続性、法令の遵守、許可基準の遵守、適正な工場搬入、ヨコハマ 3R夢プランへの協力
 弊社では、今後も継続して、横浜市政及び「ヨコハマ3R夢プラン」に協力していきます。今年度は、横浜市が1月に策定した今後15年にわたる一般廃棄物処理基本計画「ヨコハマ3R夢プラン」スタートの記念すべき年であります。

第40回 自動車安全運転競技大会に弊社ドライバーが出場
 2011年10月22日、二俣川の県警察自動車運転免許試験場において第40回自動車安全運転競技大会開催が開催されました。社団法人 神奈川県安全運転管理者連合会の呼びかけにより、予選会60人の出場の中から優秀な成績(学科、運転競技)を修めた19人が選ばれ、中型車部門(トラック)に弊社所属、高橋裕亮が出場しました。弊社が目標に掲げる安全なる業務、日頃の運転の指標を再確認するための参加。今後も継続し、県内の交通安全社会を維持するための活動協力を行っていきます。

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
 地域に根ざしたリサイクル活動、それは資源循環型社会の持続のために。そして、日本経済復興のためにも、これからも、力を結集し、切磋琢磨し、輝ける未来へと、前向きな気持ちを持って、頑張って進んでいきたいと考えます。もちろん、それには皆様のお力が必要です。これからも、宜しくお願いいたします。


INFORMATION  お知らせ

 

flame

danbolrecycle wall

sgsjABrecycle advisor

 

copyright.fujishigyou all rights reserved   concept factory

 

RECYCLING BEE